食育アドバイザーは独学では無理?資格の取り方など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

食育アドバイザーは独学では無理?資格の取り方など解説!

食育アドバイザーは独学では無理?資格の取り方など解説! 資格・受験

食育アドバイザーって独学では資格が取れないんだってね。

受験自体は、在宅でできるのになぁ。

受講料が割と高いけど、資格取得自体は簡単なんですって。

今回は、食育アドバイザーの資格が独学では取れない理由など紹介するわ!

食育アドバイザーの資格を、通信講座を利用せずに独学で取得しようと考えている方もいるかもしれません。

独学で資格を取得できれば、テキストや参考書の購入費だけで済み、受講料がかからないため経済的です。

しかし、残念ながら食育アドバイザーの資格は独学では取得できません。

なぜ独学では取得できないのか?

食育アドバイザーの資格は、キャリアカレッジジャパン(キャリカレ)の食育アドバイザー資格取得講座を受講し、修了することが必要条件です。

この講座を修了しない限り、試験を受けることができません。

食育アドバイザーの合格率や難易度

食育アドバイザーの合格率に関する公式の情報は公開されていません。

しかし、試験は在宅で受けることができ、テキストを参照しながら問題を解くことも可能なため、難易度は高くないとされています。

70点以上で合格となるため、しっかりとテキストを読み込んでいれば合格することができます。

独学で取得できる食の資格

フードコーディネーター

フードコーディネーターは「特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会」が認定する資格で、食に関する知識だけでなく、テーブルコーディネートやメニュー開発などのスキルも求められます。

3級は中学校を卒業していれば受験可能で、テキストや問題集も書店やネットで購入できます。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーは「一般社団法人 FLAネットワーク協会」が認定する資格で、食生活に関する知識を身につけ、様々な視点から食のアドバイスができるようになります。

3級と2級があり、独学での受験が可能です。

検定試験は6月と11月に開催されます。

番外編:独学で取得できるが条件のある資格

調理師免許

調理師免許は、調理師学校を卒業しなくても、条件に合った飲食店などで2年以上の実務経験があれば受験できます。

調理師免許は国家資格であり、テキストや問題集も多数販売されていますので、独学での取得が可能です。

食育栄養アドバイザーについてのおさらい

資格概要

食育栄養アドバイザーは、食育基本法に基づいて食育に関する専門知識を持つことを証明する資格です。

この資格は一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)が認定および運営しており、民間資格に分類されます。

基本情報

  • 認定団体: 一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)
  • 資格名: 食育栄養アドバイザー
  • 資格の分類: 民間資格
  • 取得方法: JSADAが実施する資格試験に合格
  • 受験資格: 特になし

この資格は、JSADAが実施する試験に合格することで取得でき、試験を受けるための特別な条件はありません。

資格を取得すると、食育や健康に関する専門知識が証明され、食に関連する仕事で活用することができます。

試験の難易度

食育栄養アドバイザーの試験は、初心者でも無理なく合格できるレベルですが、合格基準が100点満点中70点と設定されているため、幅広い分野の対策が必要です。

効率的な試験対策には、JSADAが認定する教育機関「通信講座ラーキャリ」の講座を活用するのが良いでしょう。

一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)について

一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)は、各スキルの一定の水準を認定する民間団体です。

食育栄養アドバイザーの試験の運営および資格認定を行うほか、様々な資格を提供しています。

JSADAの資格は専門知識を証明するものであり、民間資格として認められています。

近年、専門分野に関心を持つ人が増え、資格取得を目指す方も増加しています。

特に起業やフリーランスでの活動を考えている方にとって、JSADAの認定資格は人気があります。

食育アドバイザーは講座受講が必須条件 まとめ

食育アドバイザーの資格は、独学で取得することはできず、キャリカレの講座受講が必須です。

独学で取得できる食の資格は限られていますが、フードコーディネーターや食生活アドバイザー、そして条件付きで調理師免許などが選択肢となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!