縦型ショート動画制作サービスなら「株式会社ena」で成功させよう! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

縦型ショート動画制作サービスなら「株式会社ena」で成功させよう!

縦型ショート動画制作サービスなら「株式会社ena」で成功させよう! 通販のおすすめ

縦型ショート動画を作りたいんだけど…

自分で作れないなら、どこにお願いするのが良いかな?

サービスを利用するなら、どこに頼むかも重要よね。

今回は、縦型ショート動画制作のポイントなど紹介するわ!

縦型ショート動画が人気がありますが、そもそも縦型ショート動画とはどんなものを言うんでしょう?

もし始めてみたいけど、どうやればいいかわからないと言う場合は、株式会社enaの1本3万円で制作を丸投げできるサービスの利用も考えてみましょう!

縦型ショート動画の3つの特徴

株式会社ena

縦型ショート動画には、大きく分けて三つの特徴があるので、以下に見ていきましょう。

特徴01. 最長60秒という動画の尺(2022年版)

主要な縦型ショート動画プラットフォームでは、動画の長さは次のようになっています。

  • YouTube ショート: 最大60秒
  • Instagram リール: 最大90秒
  • TikTok: 最大3分

各プラットフォームで、投稿可能な動画の長さが徐々に長くなってきています。

ただし、長い動画を投稿できるからといって、無理に最長の時間にする必要はありません。

面白くない動画はすぐにスキップされてしまうからです。

特徴02. 表示画面の大きさは横型動画の約300%

縦型動画は横型動画に比べて表示面積が約300%広くなります。

タイムラインに2〜3個の横型動画が表示されるのに対し、縦型動画はスマホ画面を1つの動画が占有するため、他の動画が見えません。

縦型動画はスマホで撮影することを前提としています。

横型で全身を撮影するには離れる必要がありますが、縦型なら近くても全身を撮影できます。

特徴03. ユーザー参加型の仕掛けがつくりやすい

特にTikTokではトレンド動画を真似して撮影・投稿する文化があり、一度トレンド動画が生まれると、多くのユーザーがそれを模倣して投稿します。

これはユーザーが参加しやすい仕様になっているためです。

縦型ショート動画プラットフォームの種類と特性

株式会社ena

YouTube ショート

YouTube ショートはYouTubeに新しく追加された縦型ショート動画の機能です。

ユーザーはYouTubeに「動画コンテンツを楽しみたい」という目的で訪れることが多く、その中で目にとまったショート動画を視聴することが一般的です。

ショート動画がレコメンドされる際は、過去の視聴履歴に基づいて選ばれます。

TikTok

TikTokは縦型ショート動画SNSの中で最もダウンロードされています。

編集に手間をかけるYouTubeと異なり、TikTokはスマホで撮影しアプリ内で編集ができるため、手軽に完成度の高い動画を投稿できることが特徴です。

レコメンド機能が優れているためユーザーの視聴時間が長く、月間平均視聴時間ではYouTubeを上回ります。

Instagram リール

Instagram リールでは、最大90秒の縦型ショート動画を投稿できます。

ストーリー機能の最長15秒、24時間で消える制限と比べ、リールはプロフィールに残ります。

リールでは日常の動画を投稿するケースが多いですが、TikTokで作成した動画をそのままリールに投稿することもあります。

LINE VOOM

LINEアプリ内のタイムライン機能を一新し、動画プラットフォームとして追加されたのがLINE VOOMです。

ただし、LINEユーザーの主要な目的は連絡手段であるため、VOOMの利用者はまだ多くありません。

ビジネス用途としての活用には、現時点では慎重なアプローチが必要です。

TikTokで縦型ショート動画がバズる理由

公式より

複数のプラットフォームで縦型ショート動画を投稿できますが、バズを生み出すにはTikTokが最適です。

その理由は主に2つあります。

理由①: ミーハー層が多く利用している

TikTokはトレンドの音楽やダンス、チャレンジが瞬時に広がり、流行に敏感なユーザーが多く集まります。

また、TikTokユーザーは購買意欲が高く、年齢層も幅広いとされています。

理由②: バズが生まれやすいアルゴリズム

TikTokはユーザーのフォロワー数や過去の人気投稿履歴ではなく、各コンテンツの質や反応を重視するアルゴリズムを採用しています。

フォロワーが少ない初心者でも、良質なコンテンツを作ればバズる可能性があります。

株式会社enaで丸投げサービス?

株式会社ena

縦型ショート動画は今流行りではありますが、最初から何もない状態から作るのは難しいです。

そんな時には、業界最安値、かつ制作を丸投げして、1本3万円からできる株式会社enaを利用するのも1つの方法です。

台本の作成、モデルの起用、編集など、ほぼ全ての工程を丸投げできます。

見本があれば、次回作も作りやすくなるので、ぜひ利用してみてください!

>>>縦型ショート動画制作サービス

バズ投稿を生み出すための秘訣

TikTokでのバズ投稿を生み出すには、「企画」と「動画構成」に秘訣があります。

企画

バズる商材と動画の特徴を理解し、企画を練ることが重要です。

例えば、TikTokのユーザー層から「2,000円以下の低価格商材」がバズりやすい特徴の一つとして挙げられます。

また、斬新なアイデアを取り入れた「新規性」もバズる動画の特徴です。

動画構成

フル視聴率を重視し、冒頭にインパクトを持たせることが重要です。

最も盛り上がるシーンを最初に配置し、まずは視聴者の目を引きます。

また、テンポを意識してカット割りや音楽を使い、視聴者が途中で離脱しないようにすることも重要です。

縦型ショート動画の成功事例

  • 事例①: カンロ株式会社 マロッシュ 菓子メーカーのカンロでは、TikTokを活用しデジタル接点を増やして販売を強化しています。TikTokがきっかけで売上は計画比の3〜6.8倍に達しました。インフルエンサーを起用し、UGC(ユーザー生成コンテンツ)によるバズを起こす戦略が効果的でした。
  • 事例②: 大塚製薬 ファイブミニ ファイブミニは、若い層への認知を高めるためにTikTokでZ世代にアプローチしました。UGCのバズによりPOS(販売時点情報管理)数が2倍に増加しました。
  • 事例③: ビームス ビーミング by ビームス 幅広い世代にファッションとライフスタイルを提案するビームスでは、Instagramリールの運用支援を行いました。平均リーチ数が260%増加し、平均再生回数は1万回を超えました。
  • 事例④: 株式会社カインズ となりのカインズさん ホームセンターCAINZのTikTok運用を支援した結果、1週間で100万再生・3,000フォロワーを達成しました。2投稿目で100万回再生を獲得するなど、短期間で効果的な結果を出しました。

縦型ショート動画制作サービスを利用するなら? まとめ

それでは、縦型ショート動画について詳しくご紹介してみました。

縦型ショート動画は、バズりやすいと言われていますが、最初から良い動画を作るのは難しいです。

そんな時には、丸投げ出来るサービスを使い、まずは動画デビューから始めてみませんか?s

最後までお読みいただきありがとうございました!