置き配の需要が増加している理由は?置き配ができる企業なども解説!

置き配の需要が高まっている理由ネット関連

今、置き配の需要が増加してるんだってね。

確かに、受け取りの時に家にいないと再配達になるから面倒だよね。

それもあるけど、一人暮らしの女性は防犯の意味もあるらしいわ。

今回は、置き配の需要が増加してる理由や置き配が可能な企業など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

今置き配の需要が高まっているそうですが、受け取りのタイミングが合わないと再配達になるからなどの理由があるそうですね。

今回は、なぜ今置き配の需要が高まっているのかや、置き配が可能な企業などご紹介します!

置き配の需要が高まっている理由

玄関前の置き配

コロナの影響もあり、今ネットなどの宅配が増えているそうですが、同時に置き配の需要も高まっています。

なぜ、置き配の需要が高まっているかと言えば、出来るだけ人と人の接触を避けるためです。

それ以外にも、一人暮らしの女性なら、玄関まで宅配業者を入れたくないとの理由もありますし、単純に対面での受け取りが面倒、または受け取りのタイミングが合わないと再配達が必要になり面倒などの理由もあります。

また、置き配は受け取る方の負担を少なくするだけでなく、再配達がなくなることから運送業者の負担も少なくなるなどのメリットがあります。

受け取りが好きな時間にできるということは、双方にとってもメリットが大きく、だからこそ今需要が高まっているんですね。

そもそも置き配ってどんなサービス?

置き配って何?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に言ってしまうと、受け取る側の人があらかじめ指定した場所に届けてくれるサービスを指します。

置き配の指定場所には、玄関前や物置、車庫、メーターボックス、置き配バッグ、宅配BOXなどいろいろありますが、非対面で受け取れますし、自分の好きなタイミングで受け取れるのが魅力的なサービスです。

もし置き配がないと、たまたま外出していて荷物が受け取れなかった場合など、いちいち再配達の依頼をしなくてはいけませんし、配送業者の方も二度手間になるので、双方に負担がかかります。

置き配を利用できる企業はどれくらいある?

置き配を利用できる企業

置き配ができる企業はいくつかありますが、大手の宅配会社やECサイトなどでは利用できる可能性が高いです。

以下に、置き配が可能な企業の中から、代表的なものをご紹介します。

企業①日本郵便

日本では一定の条件を満たす場合に限り、置き配のサービスが受けられます。

  • ゆうぱっくや国際郵便物の場合
  • 住所内の場所にある場合
  • 外から見えない場所にある場合
  • 雨などで荷物が濡れない場所にある場合
  • 荷物が郵便ポストに入らない場合
  • 施錠ができる宅配BOXがある場合
  • 受領証発行機能を備えたロッカーまたはアンカー固定のBOXがある場合

このように条件を満たせば置き配も可能ですが、郵便局の場合「指定場所配達に関する依頼書」の提出が求められます。

もし提出をしなくて済むようにしたいなら「置き配バッグのOKIPPA」などを設置すれば、設置だけで提出がいらなくなるので、頻繁にネットショップを利用するなら、ぜひ設置してみてください。

企業②クロネコヤマト

クロネコヤマトでは、個人向けに「EAZY」というサービスを行っており、オンラインショップで購入したものがサービスの対象となります。

設定するには「商品購入後のお届け予定通知」「クロネコメンバーズ限定のLINE」「ショップ注文時に設定」などを済ませれば、置き配が可能です。

  • 物置
  • 玄関前
  • 自転車のかご
  • 宅配BOX
  • ガスメーターBOX
  • 車庫
  • 管理人に預ける

上記の場所を設定しておけば、好きなタイミングで荷物を受け取れますし、荷物が届く直前に設置場所を変えることも可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

企業③佐川急便

佐川急便の場合「指定場所配送サービス」が2020年から開始されています。

「飛脚宅配便」「飛脚航空便」「飛脚ジャストタイム便」が置き配の対象となりますが、個別契約を結んでいる出荷元の荷物であることが条件です。

受取り側から指定された場所に配達が完了すると、ドライバーが証拠写真を撮影し、送り状や不在票などで通知するシステムが取られています。

指定場所には「玄関」「車庫」「物置」などが設定できますが、以下の場所が推奨されており、どこでも置き配が可能とは限りません。

  • 送り先と同じ住所内であること
  • 雨などの汚損の可能性がない場所
  • 安全に保管できる場所

楽天やAmazonにも置き配サービスがある?

楽天でも「サービス対象ショップでの注文」「注文金額が10,000円以下、かつ前払いが済んでいる」「医薬品を含まないこと」などの条件を満たせば、置き配ができます。

Amazonの場合は発送通知メール内に「Amazonでお届け」と記載されていることが条件です。

楽天の場合、置き配の時間帯も指定できる可能性があるので、楽天で買うことが多い方は、ぜひ条件を参考にして置き配サービスを利用してみてください。

置き配サービスは双方の負担が少ない

それでは、置き配サービスがなぜ今需要が高まっているのかの理由や、置き配サービスが利用できる企業などご紹介してみました。

置き配サービスは、受け取り側も運送会社側も負担が少なくなるとの理由で、今需要が高まっています。

コロナの影響もありますし、受け取りのタイミングが合わないと再配達になるなどの問題を回避できるなら、置き配の方が便利ですよね。

置き配サービスの利用法は企業によっても違うので、まずは条件に合うかどうかを確認してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!