「南瓜が切れないならかぼーちょうを使えばいいじゃない?」南瓜切りの救世主を解説!

かぼーちょうの実体験レビュー通販のおすすめ

この前南瓜を切るのに「かぼーちょう」を買ってみたんだけど。

思った以上に使いやすくてびっくりしたよ!

半分にパカっと割れるのは、なかなかに爽快よね!

今回は、南瓜が切れなくてお悩みの方に向けて、かぼーちょうの魅力など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

ハロウィンが近付くと、南瓜の料理やスイーツが増えてきますが、肝心の南瓜が切れなくて苦労した思い出はありませんか?

今回は、南瓜専用の包丁「かぼーちょう」の魅力などご紹介します!

南瓜切りの救世主「かぼーちょう」とは?

かぼーちょう

まず、かぼーちょうとは、南瓜専用の包丁のことで、ちょっと短めで、独特のフォルムをしています。

グリップ部分が特徴的ですが、南瓜を切るときには包丁に体重をかけるため、上部分は安全なように設計されているんですね。

これを使うと、南瓜が簡単に切れるようになるとのことで、今回買ってみたのですが、思った以上の業物で嬉しくなりました。

そこで今回は、実際にどのような感じで南瓜が切れるのかなど、レビューとしてご紹介します!

ちなみに、もう少し詳しいレビューが知りたいと言う方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

【かぼーちょう検証】ハロウィンに南瓜を使う人は必見!これで作業時間も短縮?
思ってた以上の優れものだった…こんにちは。トレトレです。楽天のポイントを使うのが毎回楽しみなアラフォーの在宅ライターです。毎年、南瓜のスイーツを妹から催促されるとき、我が家の家庭菜園の南瓜は非常に硬く、切るのがまずネックで、また、滑ってケガ

かぼーちょうの切れ味は?

まず、かぼーちょうには説明書が付いてくるんですが、それの通りにトップを切ろうとしてもうまくいきませんでした。

家庭菜園の南瓜だから仕方ないかなと諦めて、また重要な要素ではないので、一番気になる1/2カットを試してみることにします。

1/2カットはスパッと切れる!

まず、1/2にカットするには、切れ目を入れて、南瓜を回して、対角線上に切れ目を入れる必要があります。

この時に、包丁を深く挿しこんでしまうと、普通の包丁のように抜けなくて困っちゃうので気を付けてみてください。

切れ目が入ったら、最初の切れ込みの所に戻り、体重をかけて一気に下に包丁を下ろします。

すると、見事にスパッと切れました。

これは、なかなかに気分爽快ですね。

今まで南瓜を切るのがストレスだったのに、今はストレス解消の理由にもなるだなんて、なぜもっと早くに買っておかなかったのかと後悔したくらいです。

1/4カットも薄切りも楽々!

もちろん、1/4カットもほとんど力を入れずに切れます。

説明書に図解で載っているので、それに従い、皮を上にして、体重を少しかけるとこちらもスパッと切れました。

そして、料理に使うときには薄切りもできないと困ることがありますが、こちらもスパッと切れました。

今までの包丁では、薄切りにしようとしたら、包丁がずるっと滑って手をケガしたことがありましたが、こちらの「かぼーちょう」は、まな板に刃が刺さるほどの切れ味なので、ほとんど滑りません。

もちろん、切れ味の維持にはお手入れも大切ですが、買ってすぐでは粗がほとんど見つかりませんでした。

これがあれば、一気に作業時間も短縮できますし、何よりケガの心配が減り、そこもストレス解消にもってこいだと思います。

私が買ったお店では、すでに売り切れでしたが、同じくらいの価格で送料無料で買えるお店があるので、最後にそちらをご紹介します。

かぼーちょうで南瓜をスパッと切ろう!

それでは、南瓜専用の包丁「かぼーちょう」を実際に使ってみてのレビューをご紹介してみました。

ハロウィンになると、我が家では料理やスイーツなどを良く作るんですが、どうしても家庭菜園の南瓜が硬すぎて切れなかったので、今回「かぼーちょう」を買ってみて大正解です。

ケガの防止にも、作業時間の短縮にもなると思いますので、ぜひ南瓜をスパッと切れる快感を体験してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!