七夕で0歳児の願い事を短冊に書くようにいわれたら?例文など解説!

0歳児の七夕の願い事7月

保育園で0歳児の願い事を書いてくださいって頼まれたら…

なんて短冊に書けばいいのか困っちゃうよね。

赤ちゃんは自分で願い事を書けないものね。

今回は、七夕に0歳児の願い事を書くようにお願いされたときの例文など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

0歳児の赤ちゃんが保育園に通っている時、七夕の短冊の願い事を書くようにお願いされることがあるみたいですが、何と書けばいいか迷ってしまいますよね。

今回は、赤ちゃんの願い事を何と書けばいいのかなどご紹介します!

0歳児の七夕の願い事はこう書く【例文】

0歳児の赤ちゃんを保育園に預けている場合、七夕の時に「短冊に願い事を書いてください。」と頼まれたら、何と書いていいか困ることがあると思います。

0歳児の赤ちゃんはまだ文字が書けないですし、赤ちゃんがどう思っているかなんて、たとえ親でもわかりませんよね。

でもそんなときには、赤ちゃんの代わりに親から子供への願い事を書けばOKです。

以下に、0歳児の赤ちゃんの短冊への願い事の例文をいくつかご紹介しますね。

七夕の願い事の例文

  • 病気やケガをしませんように
  • 好き嫌いなく、ご飯も残さず食べれますように
  • オシッコがトイレでできるようになりますように
  • 子供の夢が将来叶いますように
  • 赤ちゃんと家族が健康でありますように
  • 〇〇が出来るようになりますように
  • 〇〇な子になりますように
  • 〇〇(子供の名前)の笑顔がたくさん見られますように
  • 嫌いな食べ物もちゃんと食べれるようになりますように
  • 背が伸びますように
  • お友達に優しくできる子になりますように
  • お手伝いがたくさん出来る子になりますように
  • たくさん歩ける子になりますように
  • たくさんお話しができる子になりますように
  • たくさんご飯が食べれる子になりますように
  • ○○(子供の名前)が元気で過ごせますように
  • オムツが早くとれますように
  • お友達がたくさん出来ますように

こんな感じに、赤ちゃんが将来こうなって欲しいとの親の願い事を短冊に書けばOKです。

健康でいて欲しいなど、親の願望というか希望を書けばOKなので、変にかしこまらず、ストレートに願い事を書いてみてください。

短冊が1枚しか渡されなかった場合は?

七夕の時に、短冊を1枚しか渡されなかった場合は、親の願い事を書くべきか子供の願い事を書くべきかで悩むこともあると思います。

短冊を2枚渡された場合は、親の願い事も子供の願い事も両方書けるので問題ありませんが、1枚だけだったら何を書くべきでしょう。

この場合、保育園からとくに指定されなければ、親でも子どものどちらが書いても問題ありません。

ただ、0歳児の赤ちゃんの場合は、当然子供の願い事が書けないので、親が代筆みたいな感じで願い事を書くことになります。

保育園でも0歳児の赤ちゃんの短冊には「元気でいられますように」などの子供がすくすくと育って欲しいとの願い事を書く方が多いです。

なので、七夕だからと、あまり気張らずに、叶って欲しいなという願い事を書けばOKです。

子供が年少組になったときの願い事の書き方

0歳児の赤ちゃんの場合、短冊への願い事は親が代筆しますが、年少組にもなると自分でしゃべれるようになるので感情表現なども豊かになります。

ただ、1~2歳の児童の場合、短冊に願い事を書くように言われても、まだまだピンとこない子供も多いと思います。

そんな時には、親から子供に「何がしたいの?」「何になりたい?」などと質問して、願い事を聞き出すようにしてください。

年少組の場合、欲しいものというより、何になりたいかの願い事が多いみたいなので、たとえば、男子なら「○○レンジャーになりたい」、女子なら「プリキュアになりたい」などと答えが返ってくると思います。

中には「○○先生(保育士の名前)になりたい」などと書く子供もいて、こんな願い事をされれば保育士の方も思わずにんまりですね。^^

0歳児の願い事は親の気持ちをこめよう!

それでは、七夕に0歳児の願い事を短冊に書くようにお願いされたときの例文などご紹介してみました。

0歳児の赤ちゃんはまだ文字が書けないので、代わりに親が書くことになりますが、どんな内容を書けばいいのか迷うこともあると思います。

そんなときには、赤ちゃんが将来こうなって欲しいなどの親の願い事を書けばOKです。

ぜひ、赤ちゃんの将来を考えて、まずは元気で育ってくれるように願い事を書いてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!

コメント