快眠敷パッドの選び方!「スリープヘキサゴン」がおすすめの理由は?

快眠できる敷パッドの選び方通販のおすすめ
イメージです。

ねぇねぇ、「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」って知ってる?

酵素カプセルがライバルの快眠敷パッドなんだって!

私は普段熟睡できないタイプだから、素敵な寝具ね!

今回は、おすすめの快眠敷パッドや選び方など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

毎日何となく寝てもスッキリしないという方は多いと思いますが、酵素カプセル並みに快眠ができる敷パッドがあるのをご存じですか?

今回は快眠したい方におすすめの敷パッドや選び方のコツなどご紹介します!

ラジウムで超快眠!敷パッド「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」獲得プロモーション

快眠したい方の敷パッドの選び方のコツ

ラジウムで超快眠!敷パッド「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」獲得プロモーション

快眠できる敷パッド選びのポイントは「素材と生地の肌触り」「温度や湿度の調整・中綿の素材」「冷感や暖か加工」などが決め手になります。

それぞれのポイントごとに、選び方を見ていきましょう。

ポイント①素材と生地の肌触りで選ぶ

まず、敷パッドに使われる代表的な素材には「綿(コットン)」「ポリエステル」「レーヨン」「麻(リネン)」などがあります。

綿(コットン)の特徴

適度な柔らかさと滑らかさが快適な素材で、肌触りも良いとされます。

吸水性が高く、蒸れづらいので快適なのですが、一方で乾きにくいので全体がペタッとしやすいとの欠点もあります。

ただ、値段も安いのでオールマイティな素材です。

ポリエステルの特徴

肌触り自体は悪くないのですが、吸水性がなく蒸れやすい欠点があるため、ポリエステル100%は避けるようにしてみてください。

できれば、ほかの素材とブレンドされたタイプがおすすめです。

レーヨンの特徴

レーヨンは、肌触りがよく柔らかいのが一番の特徴ですが、繊維が繊細なので、傷みやすかったり、毛羽立ちしやすかったりなどの欠点があります。

吸水性も高く蒸れづらいのはメリットですが、こちらもできればブレンドタイプを選ぶようにしてください。

麻(リネン)の特徴

やや硬めでハリ感のある素材ですが、吸水性と発散性に優れているので快適な寝心地が得られます。

ただ、固さが柔らかくなるほど高価になりがちなので、価格の高さはデメリットです。

ポイント②温度と湿度・中綿の素材で選ぶ

敷パッドを選ぶときには、温度や湿度の調節ができるかは非常に重要で「中わたの吸放湿性」は外せません。

中わたの吸放湿性とは

もし、中わたの吸放湿性をポイントで選ぶなら、以下の表も参考にしてみてください。

素材名弾力性吸水性放湿性
綿(コットン)
ポリエステル
羊毛(ウール)
麻(リネン)
除湿材

表を見るとわかりますが、中わたの吸放湿性に優れていて、快眠できる中綿なら、ウールがダントツでおすすめです。

ただ、良い素材は高額になりやすいので、羊毛はシングルサイズで1万円前後と高く、また自宅でクリーニングできないなどランニングコストも高くなります。

次点では麻もおすすめですが、こちらも羊毛と同じように価格が高くなりがちです。

もし、中わたの吸放湿性がよく、費用を安くしたいなら、除湿繊維やシリカゲルの除湿剤を使った中綿が費用効果も高くおすすめです。
ラジウムで超快眠!敷パッド「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」獲得プロモーション

ポイント③接触冷感と温かさで選ぶ

快眠できるかどうかは季節によっても違い、夏場は接触冷感生地のq-max値と吸水性の両立が大切です。

夏場に快適な素材とは?

生地の種類q-max値の目安吸水性と吸湿性
綿(コットン)0.3
絹(シルク)0.35~0.4
ポリエチレン0.45~×
麻(リネン)0.35~0.4
レーヨン0.3~0.35
ジェル0.35~0.4×
ポリエステル0.3~0.35×

表を見てみると、夏場に一番快適とされる素材は麻(リネン)となります。

なぜなら、q-max値は0.4以上が冷たいと感じる基準になるからで、麻は吸水性と吸湿性にも優れており、もし夏場の快適さを求めるなら、麻がいいでしょう。

ただ、良いものはやはり価格が高くなる傾向があり、同じ麻でも安いものは生地がゴワゴワするなどの不安要素があるので、事前に触り心地を確認してみてください。

冬場に快適な素材とは?

夏場に快適な素材がわかったところで、冬場の快適さを求めるなら「吸湿発熱素材」と「化学繊維を起毛させた生地」の2種類がある点に注意してください。

どちらにしても、温かくなりすぎないことが重要です。

吸湿発熱素材は、一見温かくなるようにも見えますが、人がかいた汗を吸収して発熱するタイプなので、汗は体温を下げるためのものなのに、それによって温かくなるのでは本末転倒です。

なので、もし敷パッドで快眠を得たいなら、吸湿発熱素材のものは避けましょう。

一方、化学繊維を起毛させた生地の場合は、空気を抱えみやすい構造で保温性も高く、生地もふわふわで快適と、冬場にはもってこいの素材です。

ただ、敷きパッドがポリエステル100%の場合、布団カバーも同じポリエステルだと蒸れて温かくなりすぎてしまうので、布団カバーとの相性も選ぶポイントになります。

SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)がおすすめの理由

「ライバルは酸素カプセル]や「ラジウム温泉を寝具に」などをテーマにした「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」がおすすめの理由は、何といってもラジウムのホルミシス作用があるからです。

ホルミシス作用とは?

ホルミシス作用とは「ある物質を大量に用いると害をもたらすが、少ない量であれば逆に有益な作用を果たす現象」を指す言葉です。

具体的には、低線量の放射線を浴びると強い抗酸化作用やDNA修復能力が向上し、かつ免疫力の向上、細胞の若返りなどの作用がおき、多様な健康効果が得られることが判明しています。

「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」は、ラジウム温泉の中でも特に有名な秋田県の玉川温泉と同じ効果が得られるのがまず最大の特徴でしょう。

睡眠や身体のコンディションが変わる「体感」を実感できるのに、価格は3万円ほどと安いのもまた、「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」の魅力です。

スリープヘキサゴンの魅力がわかる動画も公式にありましたので、ご紹介しますね。

ぜひ、ホルミシス作用とラジウムの関係を知り、なぜ快眠が得られるのかを感じてみてください。

安心の30日間返品保証あり

公式サイトより

「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」は、今だけ限定の特別保証として、30日間の返品保証がついてきます。

商品到着日から30日間は「使用後でも」返品が可能なので、返品送料だけ負担ですむんですね。

さらに、その他の手数料や面倒な手続きなど一切ないので、まずは体験してみるのがおすすめです。

ちなみに、気になる価格は以下の通りです。

●シングル:29,800円
●セミダブル:34,800円
●ダブル:39,800円

シングルなら、3万円ほどで手に入るので、1人暮らしの方にもおすすめです。

「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」公式サイト

オールシーズン快眠できる敷パッドを選ぶなら?

それでは、快眠するのに重要な敷パッドの選び方とおすすめの敷パッドなどご紹介してみました。

オールシーズン快眠できる敷パッドを選ぶなら、生地だけでなく、温かさや冷感なども重要な要素です。

その点、「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」はオールシーズン快眠できるホルミシス作用があるので、温泉に入ったかのような解放感が得られ、快眠にはもってこいです。

ぜひ、選び方を参考にして、なぜ「SLEEP HEXAGON (スリープヘキサゴン)」が快眠できるのか、理由なども参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!